フォンニャ(PHONG NHA)洞窟とティエンソン(TIEN SON)洞窟 の不思議な美しさの探索

TIÊN SƠN 2

ティエンソン洞はBO TRACH県、SON TRACH丁目でのKE BANG石灰山にある。THAI VAN KIEM氏が「ベトナムの天地」(Dat Troi Viet Nam)という本に書いた内容によると、ティエンソン洞は、1935年4月に地方の人によって発見されたそうである。最初の時間、ティエンソン洞は不思議な美しさので、ティエン洞(聖洞)と呼ばれた。フォンニャ洞を発見したら、フォンニャ洞は水がある洞であるから、ティエン洞は幹洞と呼ばれている。

TIÊN SƠN 7

ティエンソン洞とフォンニャ洞は隣り合わせの双生洞窟で、KE BANG石灰山にある浮かぶ洞の一つ及びしずむ洞一つのである。ティエンソン洞はカラフルな鍾乳石の数千がある鍾乳石の城と考えられている。ティエンソン洞へ行く道はくねくねして、洞口がフォンニャの洞天井上に約200メートルの高さにある。鍾乳石の城と言われていて、カラフルな鍾乳石の数千とビー玉みたいなきらきら鍾乳石柱がある。

TIÊN SƠN 6

チェンエンソン洞の景色は極楽のようなである。洞の中にはあいまいなカラフル鍾乳石がある。洞の天井はすごく高くて、金銀のように石の模様を見える。不思議な姿を持っているビー玉の石欄の数千として、多くのお客さんは天殿や水殿へ戸惑うと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です