HO氏家族の城壁

THÀNH NHÀ HỒ 1

THÀNH NHÀ HỒ 3

THÀNH NHÀ HỒ 4

2011年に、HO氏家族の城壁ベトナムの世界文化遺産として認められた。この城壁は、外側が石で、内側が低い土で建設された。平面は真四角らしいで、南北の面は広さが900mで、東西の面は長さが700mである。城壁は城門が4つある。南の城門はTHANG LONG城壁の南門と同じである。東南アジアの一番特別な建物ではなく、HO氏家族の城壁は積み重ねられているたくさんの石について秘密を持って、その石は、平均の長さが1.5m、15~20トンの石もあって、接着剤がないのに、堅固性が守られる。風景は絵のみたいにきれいである。HO氏家族の城壁は、東アジア、東南アジアに比べて、世界文化遺産の書類に、14世紀後、15世紀初の時期にベトナムのみにある特別な技術と芸術で作成した雄大な建物と表示された。これは、東アジア·東南アジアの両方で都市化のプロセスの影響を受けない遺物の一つである。地上と地下の建築規模と景観はほぼそのまま維持している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です